【小特典】 国内送料無料 & ケア用品 & オマケ付 ★シード 2ウィーク ファインアルファ 2箱2週間 使い捨て コンタクトレンズボシュロム メダリストと同じ素材で快適です♪【特典はレビューを書くにチェックした方限定】【小特典】 国内送料無料 & ケア用品 & オマケ付 ★シード 2ウィーク ファインアルファ 2箱2週間 使い捨て コンタクトレンズボシュロム メダリストと同じ素材で快適です♪【特典はレビューを書くにチェックした方限定】
osadasoft

ソフトコンタクトレンズ

プライスコンタクトに関連してソフトコンタクトレンズの説明

ソフトコンタクトレンズは材料に PHEMA (ポリヒドロキシエチルメタアクリレート) あるいは PVP (ポリビニルピロリドン) というゲル状の合成高分子化合物を使った、水分を比較的多く含む含水性ソフトコンタクトレンズと、ブチルアクリレートとブチルメタクリレートの共重合体を使用した、水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズとがあります。

弾力性に富むので装着時の違和感が小さい反面、細菌が繁殖しやすいです。
洗浄に加えて定期的な消毒が必要で、手入れが面倒ですね。

ソフトコンタクトレンズには1日、1週間などの使い捨てタイプ (ディスポーザブルタイプ)、2週間などの頻回交換型(リプレースメントタイプ)や、1ヶ月、3ヶ月などの定期交換型も存在します。

日本では一般的に使用後に破棄をする、と言うことから1日、1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月タイプのソフトレンズを総称して使い捨てレンズと呼んでいます。

安全性や装用感などの追求のため新素材としてシリコンハイドロゲル素材が注目を浴びているが、現在日本ではチバビジョンからO2オプティクスという名前で1ヶ月交換タイプのレンズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンからアキュビューアドバンス、アキュビューオアシスという名前で2週間交換タイプのレンズが販売されています。
使い捨てレンズは汚れなどの面で従来型のソフトレンズに比べ劣る部分もあるため、正しい使用方法が求められるところです。
逆に言えば劣る部分があるからこそ、使い捨てレンズである、と言う至極当たり前のことでもあるんですね。

装用感はハードコンタクトレンズより優れていますが、そのため角膜に障害が起きても自覚しにくく重症になるまで放置してしまう結果になることがあるから気をつけましょう。

ハードコンタクトレンズ

プライスコンタクトに関係してハードコンタクトレンズについて説明します。

もともとハードコンタクトレンズと呼ばれていたのは、材料にPMMA(ポリメチルメタアクリレート)という硬質プラスチックを使ったものです。
加工しやすく耐久性に優れているが、PMMAは、酸素を全く通さないため、装用時間に限界があり装用時の違和感が大きく現在は、ほとんど使用されていない。

現在、ハードコンタクトレンズとして広く使用されているのは、酸素透過性レンズと呼ばれるものです。
取り扱いも容易でコンタクトレンズの寿命も比較的長い。
装着時の違和感はソフトコンタクトレンズに比べて依然大きく、激しい運動の際にずれやすい。
ハードコンタクトレンズを選ぶ時にもプライスコンタクトへ。

プライスコンタクトの長所と短所

プライスコンタクトに関係してコンタクトレンズの長所と短所の説明をします。

コンタクトレンズの長所

角膜との間の距離がゼロに近いという特性により、メガネに比べて像のゆがみや大きさの変化が少ない。
強度の屈折異常や左右の視力が大きく異なる場合にはメガネでの矯正が難しいことがあります。
個人差があり相当な強度や左右差でもメガネで矯正できる者もいるが、頭痛や眼精疲労をしょうじ長時間装着できない者が多い。
このような場合はコンタクトレンズが好適です。是非、プライスコンタクトを!

コンタクトレンズの短所

コンタクトレンズは機能の面でメガネよりも優れた点が多い反面装用に伴う眼への負担が大きいので、手軽さに欠け、制限事項も多い。
洗浄や消毒を適切に行う、装用時間を守る、使用期限を守る、装用したまま眠らないなど医師の指示を守って正しく使用することが重要です。
また、眼にものを入れることに嫌悪感を抱く人にはむきません。
そういった方もプライスコンタクトに行って相談されてみて下さい。



プライスコンタクトの分類

プライスコンタクト関係でコンタクトレンズの分類分けをしていきます。

コンタクトレンズは目的と性能で次のように分類される。

1. 視力補正用レンズ
   近視、遠視、乱視などを補正するための矯正器具です。
2. 治療用レンズ
   眼病の治療の目的で使用するものです。
3. カラーコンタクトレンズ
   度の入っていないものは薬事法規制の対象外であり、法に   よって定められた名称は存在しない。おしゃれ目的で使用
   するものがほとんどです。

日本において、視力補正用と治療用は医療機器であり、クラスVもしくはW(高度管理医療機器)に指定されている。いわゆるカラーコンタクトレンズ、その販売に規制がある国もある一方で日本は医療機器に該当しない。

プライスコンタクトに関係してコンタクトレンズの分類をしてみました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。