【小特典】 国内送料無料 & ケア用品 & オマケ付 ★シード 2ウィーク ファインアルファ 2箱2週間 使い捨て コンタクトレンズボシュロム メダリストと同じ素材で快適です♪【特典はレビューを書くにチェックした方限定】【小特典】 国内送料無料 & ケア用品 & オマケ付 ★シード 2ウィーク ファインアルファ 2箱2週間 使い捨て コンタクトレンズボシュロム メダリストと同じ素材で快適です♪【特典はレビューを書くにチェックした方限定】
osadasoft

乱視の矯正と治療法

プライスコンタクトに関連して乱視の矯正と治療法について調べました。

乱視は視力低下の原因になりますし、乱視の目は人一倍「見る努力」が必要なため、放置すると、知らないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちです。
また、乱視は疲労感や頭痛、肩こりなども引き起こすこともあります。
この様な乱視の矯正方法ですが、以下の様な矯正方法が一般的です。

○メガネによる乱視矯正
乱視の矯正には、一方向だけを矯正する円柱レンズが使われます。
乱視では角膜の屈折力がそろっていないため焦点ができません。
このため、一方向だけに屈折力を持つ円柱レンズを使い、角膜のカーブのきつい面から入ってくる光を調節します。
この円柱レンズとは、円柱を立てた場合、縦方向に垂直に切り取った形状のレンズです。
凹と凸の円柱レンズがあります。
この円柱レンズと、球面レンズの組み合わせにより、さまざまな乱視に対応するのが一般的です。

○コンタクトレンズでの乱視矯正
よく乱視はメガネかハードコンタクトしか使えないと言われるのが、それは間違いです。
円柱レンズを使った乱視矯正用具には、メガネやハードコンタクトレンズの他、ソフトコンタクトレンズでもあります。
最近では、乱視矯正用の使い捨てソフトコンタクトレンズも発売されています。

また、角膜が原因の乱視には、専用のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズで矯正することができます。
詳しくは眼科で相談してみてください。

○手術やレーザーによる乱視治療
メガネやコンタクトレンズの装用に向かないスポーツなどをよく行う場合、コンタクトレンズの装着に体質的に無理がある場合など、手術やレーザー治療により乱視を治療することもできます。

これらの方法は、専門の眼科医により手術の適正を判断してもらうことが大前提になります。
納得できるまでよく相談し、自己責任の上で乱視矯正手術の判断をしてください。

プライスコンタクトに関連して乱視の矯正と治療法を調べてみました。

レーシック手術

レーシック手術について調べてみました。

レーシック手術は、高い精度のレーザーで視力の矯正を行う方法です。安全で効果的なことから近年注目を浴びており、全世界では、毎年数百万人の方が利用しています。
そもそもレーシック(LASIK)とは、エキシマレーザーによって角膜の表面形状を変化させ近視や乱視を矯正する方法です。
レーシックが開発されて既に10年以上が経過しその安全性、確実性、長期経過等が確認されています。
レーシックはかつての近視手術のように不確実な効果をもたらすものではなく、従来の手術とは比較にならないほど安全かつ正確に近視を治すことができます。
日本でも毎年6万件以上レーシック手術が行われ、手術を受ける人は年々増加傾向です。
レーシックの安全性に関して議論していた時代はすでに過去のものとなり、メガネ、コンタクトレンズ、レーザー治療のなかから自分にあった矯正方法を選ぶ時代になっています。

○レーシック手術の流れ
・麻酔をする
点眼剤で麻酔をし、目を洗浄します。
・フラップを作る
マイクロケラトームという機械を使って、角膜の表層にフラップを作ります。フラップとは、
角膜のフタのようなもので、このフタの内側の角膜にレーザーを当てて、角膜の形を修正していきます。
・レーザーをあてる
レーザーで角膜の形を修正します。最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついており、
手術中に目が動いたとしてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されます。
・フラップを戻す
レーザーを当てる時間はだいたい数十秒です。
角膜の修正が終わったら、フラップを元の位置に戻します。
・洗浄
最後に目を洗浄します。
ここまでの所要時間は15〜20分。入院の必要などもありませんので、手術を受けたその日に帰ることができます。
角膜は自然な作用(角膜内皮作用)で自然に接着していきます。

○レーシックの手術費用は医院(クリニック)によって異なりますが、平均的な料金として片目で約18万円から、両目ですと約36万円程度です。片目だけでも両目でも手術が可能です。
注意して頂きたいのは、現状レーシック手術は健康保険適用外です。生命保険や医療保険に加入している方は、上記の料金よりも安く手術を受けられる場合がありますので、保険会社に直接問い合わせてみて下さい。

レーシックの手術時間は?

レーシックの手術時間は?プライスコンタクトに関連して近視矯正手術レーシックを行った時の手術時間とレーシックについてを説明したいと思います。

レーシックはレーザーで視力を矯正する近視矯

正手術です。

1990年ギリシャで始まったレーシックは瞬く間に世界を席捲、ア

メリカでは毎年100万人以上の人が近視を治療するほどとなり

ました。

レーシックはアメリカをはじめヨーロッパ、中国、韓国、台湾で

も一般化している近視矯正手術です。

日本ではまだあまり知られていない近視矯正法ですが、世界的に

見れば決して特殊な近視矯正法ではなく、日本でもレーシックに

より近視矯正手術を希望する方は着実に増えています。

レーシックは片眼数十秒レーザーを照射するだけで視力が回復し

ます。

手術は始めから終わりまでわずか15分ほどで終了し、入院する

必要がありません。

そして手術直後から視力回復の実感を手にする人もいるほど回復

が早く、たいていの人はレーシック手術の翌日までには視力が回

復します。

手術というと、普段の生活に戻るまで時間がかかりそうなイメー

ジがありますが、手術翌日には普段の生活に戻ることができ、と

ても手軽にできる近視矯正手術です。

アメリカでは、ハンバーガーを店で買って食べるような気軽さで

レーシック近視矯正手術を受けている方たちがたくさんいらっし

ゃいます。

もちろん日本国内においては、失明したなどの報告はまったくあ

りませんから是非近視で困っている方はチャレンジしてみてくだ

さい。

プライスコンタクトに関連してレーシックの手術時間などの説明

でした。

レーシックとは?

レーシック(LASIK)は視力を矯正する治療方法です。

コンタクトレンズや眼鏡と違って、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。

医療の技術や機器の発達によって安全性はかなり高くなっているようです。

レーシックの効果はある?

効果には個人差がありますが、多くの場合、メガネやコンタクトレンズで矯正した程度にまで回復します。

レーシック手術後はどうなる?

レーシック(LASIK)は裸眼視力を回復させる治療方法ですので、術後の生活スタイルや、目のケアによって、快適な視力を長い間維持することも可能です。

眼鏡やコンタクトを使用している時と同様に、年月が経つにつれて視力が低下するということはありますが、治療効果がすぐになくなってしまうということはありません。

プライスコンタクトに関連してレーシックについて調べてみました。

視力矯正手術レーシック

レーシック手術で視力を取り戻したい

視力が悪く、眼鏡やプライスコンタクト無しの生活が考えられないという人にとって、裸眼での生活は魅力ですね。近視・乱視・遠視の方の中には視力矯正手術をお考えになったことがある人も多いのではないでしょうか。
今回は、レーザーなどによる視力矯正手術の種類についてご紹介します。
主に近視などの視力矯正手術では、レーザーを使うレーシックがもっともよく知られています。しかしながら、適応検査の結果や体質・体調により受けられない場合は、眼科専門医とよく相談し、他の技術を検討することもできます。

レーシックは、プロゴルファーのタイガー・ウッズがこの手術を受けたことも話題になり、認知度が高まった技術です。アメリカでは約150万人以上が施術を受けているそうです。日本では、昨年度、約3万5千件の手術が行われたことが公表されています。
この手術は、角膜表面を薄く削り、一辺だけ角膜とつながったフラップ(蓋)をつくってめくり、角膜に※エキシマレーザーを照射し、角膜のカーブを変えて近視・乱視・遠視を矯正する、レーザー角膜内切削形成手術です。

プライスコンタクトでもメガネでも満足できない人は、早めに眼科専門医と相談されてレーシックにチャレンジしてみては?

レーシック手術の特徴

プライスコンタクトに関連してレーシック手術の特徴について調べてみました。

○イントラウェーブフロントレーシック
<メリット>
・ウェーブフロントとイントラレースを組み合わせ、現在の近視治療 における最先端治療と言えます
・わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が得られる
・角膜に物理的ダメージを一切加えないのでより安全な方法といえる
・従来のエキシマレーザーでは治療できなかった乱視も治療できる
・眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正すること が可能です
・イントラレーザーでフラップを薄く作るので、角膜が薄い方や強度 近視の方でも治療が可能となっています

○ウェーブフロントレーシック
<メリット>
・従来のエキシマレーザーでは治療できなかった乱視も治療できる
・眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正すること が可能です
・わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が得られる
<デメリット>
・マイクロケラトームでフラップを作る為、角膜が薄い人は治療がで きない

○エピレーシック
<メリット>
・角膜上皮部分が再生するので、格闘技などで眼の怪我をする可能性 が高い方でも受けられる
・治療中の眼に対するストレスが通常のマイクロケラトームより少な い
・角膜が極端に薄い方でも治療が可能
<デメリット>
・イントラレーシックと比べると、多少痛みがあることがある
・手術後に角膜にニゴリ(ベイズ)が出ることがある

○レーシック
<デメリット>
・マイクロケラトームを使ってフラップを作る
 以前は主流となっていた方法だが、イントラレーシックと比べると 術後にドライアイ等になる可能性が高い
・角膜が薄い方・近視の度合いが強い方は受けられないことが多い

プライスコンタクトに関連してレーシックの特徴を調べてみました。
参考にしてみて下さいね。

プライスコンタクトでダメならレーシック

プライスコンタクトも眼鏡もダメと言う人は、最後の手段でレーシックという手もあります。
レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

レーシックのメリットは

眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。
手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。
生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。
比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)

レーシックのデメリットは

低いとはいえ、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではない。
希望する全員が受けられる手術ではない。(角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる。)
まだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていない。
コントラスト感度が低下することがある。
術後一過性にハロ・グレアが出現する。
ドライアイになることがある。

スポーツ選手のレーシック手術の例としては、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が手術を受け成績が向上したのを皮切りに、多くの視力に悩むスポーツ選手が手術を受けた。乾燥したドームでの試合が多くなった野球選手が最近多く手術を受けている。

どうでしょうか?あなたもプライスコンタクトがダメならレーシックという手もありますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。